読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり。と

ゲームやニコニコ生放送(配信)についてお話していきます。ゲーム大好き!!

デビルサバイバー2とノーラと刻の工房(ちょっと)

ノーラと刻の工房は3周目に突入。効率よく加工、分解、導刻や採取してゆくのはなかなか難しい。まだEDは3つしかみていないため、まだまだやりこめそう予感。周回プレイするごとに所持金が潤沢になってゆくのはうれしいけど家具や壁紙等は残して欲しかったり…あえてフリーモードを搭載しなかったのはマルチエンド全部見てもらいためなんだろーなと自分で解釈。うん

ED全部見れば図鑑も埋まってくるだろうし…ねぇ。


んでんで


昨日からやっとデビルサバイバー2を開始しました。
発売日には購入していたのですがノーラやらリズム天国やら忙しかったもので未開封のままでした。やっと両作品ともに落ち着いてきたのでプレイしました

デビルサバイバー2:ファーストインプレッション


まずはオープニング。

かっこいい!
曲は公式PV等で聞いていたりしていましたが、実機で体感するとまた違う。ゾクゾクしちゃいましたよ

ストーリー展開は序盤から駆け足。死に顔サイト「ニカイア」に登録してしまい友人の死ぬ時の映像をみてしまう(同時にそばにいた友人にも自分の映像が送られてくる)。その後、大きな地震が起こり映像と同じようになってしまう!と思っていたら異形な生き物が出現して襲ってくる。などいきなりディープな内容が目白押しでワクワクが止まらない。


ーシュミレーションRPGです。


マス目状に区切られたフィールドで戦うのですがシュミレーションRPGをプレイしたことのある方ならばすんなりと入りこめるシステムだと思う。敵に近付いて戦闘(シュミレーションパート)戦闘時はRPGらしくコマンドでの戦闘(コマンドパート)で進行していきます。あと各キャラ固有スキルなどを駆使して戦闘を優位に進めていくわけです。

戦闘に関してはスキルを使用してゆくことも重要なのですがやはり「エクストラターン」でしょう。簡単に相手の弱点などをつくことで発生(敵も)する追加ターンです。1戦闘で1ターンしか攻撃できないのですがエクストラターンは追加ターン(2ターン目)を得られるのでより有利に戦闘を進める事ができますが相手も使ってくるので考えて戦わないとあっというまにピンチになります。
弱点攻撃→エクストラターン→再度弱点攻撃
ですから4倍近くのダメージが与えられますから戦況はおおきく動きますね。


ー敵が強い


戦闘では敵の強さに悲鳴をあげたくなります。前述の通り油断してるとピンチになるのですが、それでもなかなか敵が強い。こちらが無傷で済む事はあまりないと考えていいかもしれない… ポイントさえ押さえれば大丈夫かもしれないが、難易度敵にゲーム初心者にはちょっと難しいかもしれない。

多数のキャラがいるのも魅力的。マルチストーリー&エンディングみたいなのでどう進行していくかも楽しめるだろう



まだプレイ時間3時間ですが、手探りで色々試せている感じ。
ってかまだノーラもあるのに…マルチエンドだなんて・・・アトラスさんェェ。



追記:
デビルサバイバー2を始めた事によってうちのDS達がフル稼働。

いつかは休ませてあげないとな・・・